ニュースNews

[大地の芸術祭2018]  SoKo特別展示より、新作紹介② 《清津川はかつてここを流れていた》

2018/08/22

作家情報

NEW

[大地の芸術祭2018] SoKo特別展示より、新作紹介② 《清津川はかつてここを流れていた》

現在開催中の大地の芸術祭2018では磯辺行久が大々的に取り上げられ、最新作《サイフォン導水のモニュメント》をはじめ2000・2003・2015年の大規模作品が再現されています。信濃川の流れとともに変化してきた越後妻有の地理や社会の変化を浮き彫りにする磯辺作品を見直すまたとない機会です。 磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館 [SoKo]では磯辺のキャリア初期から妻有でのプロジェクトにいたる一連の活動を網羅的に紹介するとともに、体育館では特別展示として環境的モチーフを全面的にアートに取り入れた90年代以降の作品を展示しています。今回はその中でも、SoKoの校庭部分にかつて存在した清津川の流れを黄色いポールと旗で再現した新作、《清津川はかつてここを流れていた》をご紹介します。

[大地の芸術祭2018] 磯辺行久新作《フローティング・スカルプチャー 2018》解説をアップしました。

トップに戻る